趣味である写真について綴るブログ、時々犬も。


by bun-b0721

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ハーフ摩天楼
at 2014-01-18 17:23
でた・オールドレンズマジック
at 2014-01-18 13:21
新橋地下
at 2014-01-17 15:02
都会の廃墟
at 2014-01-15 14:42
リブート
at 2014-01-14 14:31

以前の記事

2014年 01月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

検索

カテゴリ

全体
カメラ
ワンコ
時事
Mac
未分類

タグ

(18)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

フォロー中のブログ

Capture The ...
slow life-annex
Black Face S...
気ままに・・・
マフィンにサブレ♪   
身の回りの風景
The Moment O...
photo room #41

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧


アクセスカウンター

タグ:K-5Ⅱs ( 11 ) タグの人気記事

不忍池シュート!

d0282218_193860.jpg

今日の一枚:おまえの手は読んでいる
K-5IIs+FA31mm ltd

連休中にぷらっと不忍池スナッピングにいってきました〜。
寒い中にもお日様が出ており御池の周りは人がたくさんでしたね。

普段は平日にもふらっと立ち寄りますが、今回は休日。
そのためか観光客の人たちが多いようです。
外人さんにも「Could you take my photo?」と言われちゃいました。
カメラ持ってると同志なのですね。Canon kissだっとと思いますが、
Canonは7Dも持っているために操作はなれています。
ちょっとアングル工夫してとってあげました〜。

それにしても窓の写真ですが、いい光景ですね。
昔はもっともっとこういう光景が溢れていた事でしょう。
恐らくこの年配の方々、彼らが子供の頃には、同じように
このようにアウトドア将棋に精を出すおじいちゃん達が周りに沢山いたのだろうと推測します。
よって、自分たちが年をとった今、実際にこのような光景を自然に作れるんでしょうね。

僕がおじいちゃんになったとき、こういう光景作れるかな?
僕が小さいときは既にこういう光景が減っています。
映画とか、本とかではみても実際にその臨場感を感じた事がないんですね。
だから僕らの世代が年をとった時、やっぱりこういう光景を自然に作るのは難しいかも。
ちょっと残念だなぁ〜、と思いながらFA31mmを片手にズンズンと近寄り、激写しちゃいました。
誰もオトガメなしですね。僕のシャッターなど見向きもしない。
それくらい皆さん熱中されてました。

d0282218_1183779.jpg
こういうおっちゃん、いいっすね〜。
味があります。所構わず寝そべって。
このようにして得た社会情勢を肴に、夜は仲間と酒を囲むのでしょうか。
おっちゃんにとってこの時間は重要な情報収集タイム。

d0282218_125545.jpg

そして最後はコスプレ外人さん。
遠くからパチパチスマホで自分たちを写しながらこっちに近づいてきてたので、
近くに来た時に「ハロハローー」って声を掛けるとこの蔓延の笑み。
やっぱり外人さんってこの瞬時の対応力に優れてますな。
日本人、なかなかみんなこうはいかないでしょうー。

今回のふらっと不忍池シュートですが、風景も撮りました。
しかし、自分でいいなぁと思ったのはこのような人の笑顔ですね。
このところ久しく人のスナップはしておりませんでした。
思い起こすと初めて本格的なデジカメであるRichoのGR2を手にした時は、
人ばかりをとってました。改めていいなぁと思いました。
ちょっと初心に戻った気分でした。
あと、こういうスナップにおいてはK-5IIsのコンパクトさは秀逸ですね!
[PR]
by bun-b0721 | 2013-02-13 01:34 | カメラ

バルっていう場所

今日の一枚:多数に無数
→今日はちょっと趣向を変えて沢山のフォトによって構成される「フォトログ」趣向での記事です。

今夜はちょっとかみさんと話す事があり外での食事にしました。
我が家より比較的近くにある「淡路町バル ル・ソレイユ」へ行きました。
d0282218_23594154.jpg


駅で言うとJR御茶の水駅、新宿線淡路町駅が近くにあります。
うちのかみさん、「チーズフォンデュ」なる食べ物が大好きです。
d0282218_01425.jpg

これまでにチーズフォンデュは僕の中の選択肢ではありません。
家でも何度か出された事があるのですが、なんだかなー、食べた気がしないと言うか、
要は自分の肌に合ってませんでした。
しかし、ル・ソレイユのチーズフォンデュはおいしい。
当たり前なのでしょうがチーズのコクが違いますね。
昔ほど量を食べずに、いっちょまえに「お酒」と「味」が重要になってきたこのごろです。
このような「ハイカラ」な食べ物もいいですね。

まずはワインを。
今日は前回グラスで飲んでおいしいと思った「ピノノワール」をいきなりボトル注文。
d0282218_054848.jpg

ビールに始まらず、いきなり飲みモードです。
グラスに注ぐちょっとした粋な計らい。赤い雫を一滴たりとも無駄にしません。
d0282218_0402479.jpg


ここのお店は昨年の11月にオープンしたばかり。
人の良さそうな店長さんがみんなが気軽に楽しめる「バル」なるスタイルのお店を、というコンセプトで昼はパスタ、夜はチーズフォンデュなどを楽しめるアットホームなお店。
混雑するお店が嫌いな僕としては、かなりポイントが高いです。
また、店長さん、コーディネートにも凝られていました。
あちこちに鏤められたデコレーションにセンスを感じますね。
思わずFA31mmを稼働させずにはおられません。
d0282218_012664.jpg

d0282218_0124787.jpg


さてさて、一通り店内を撮影させて頂き、メインディッシュ。
このお店の看板メニューである「ぶどう牛」です。
ぶどう牛とはその名の通り、ぶどうのみで育ったフルーティーな牛さん。
柔らかいお肉と、そこから漂うほのかな香りが育ちの良さを物語ってますね。
d0282218_0154297.jpg


どうもこの周辺、現在再開発に伴い商業施設がガンガン立ち並びはじめています。
今年の春にはグランドオープンとの事です。
今はひっそりと佇む裏通りにある「ル・ソレイユ」
今後もあまりフィーバーせずにひっそりと僕を受け入れてくれよー。


あ、ちなみにここのトイレも気合いが入ってます。
Rising Sun from トイレ!
d0282218_0224386.jpg


ごちそうさまでした。

家路を急ぐ途中、ちょっと渋いやつにであいました。
d0282218_0233961.jpg

Porscheの古いやつですね〜。
かっこいい!ドイツ車のりてーー!
そのうちね。
仕事ガンバろっと。

本日のお供はK-5IIs+FA31mm ltdでした。
[PR]
by bun-b0721 | 2013-01-30 00:27 | カメラ

環境改善

d0282218_16534118.jpg

今日の一枚:トゥインクリンなやつ
K-5IIs + FA31mm
(デジタルフィルター トゥインクル使用)

さて、久々の更新になります!
この1週間強、何をしていたかというと我が家のMac環境を全体的にアップデートしておりました。
今回より複数回にわけて自分への記録の意味も含めまして記事にします。

我が家のネットワーク環境は

3F: 光回線==Airmac Extreme--- Mac mini /プリンター
1F: ===(3FのAirmac ExtremeとLANで接続)Airmac Extreme / Macbook pro /iPad2/iPhone4S/iPhone4S(かみさん)/AppleTV
===:有線
----:無線(wifi)

というようにオールジョブズプロダクションです。
3Fに仕事場兼部屋があり1Fに住んでいる特殊環境なのです。
そこでこれまではネットが遅かったり、音楽データ、写真データがバラバラだったりデータがあっちこっち、とぐっちゃぐっちゃだったのです。
そして先々週、Mac miniを購入した事をきっかけにMac環境とネット環境、後はバックアップ環境を0から構築し直しました。
それにすごく時間がかかってしまった。
あと、僕の場合、カメラにしろMac(PC)にしろ、メカそのものが好きなんですよね。
んで、このところカメラにばっかり時間を割いていたのですが、これがきっかけで思いっきりMac熱が再燃してどっぷりとMacと対峙してました。。。

さてそれでは、

1部:複数台のMacでのベストの共有環境は?
2部:ネット回線が遅い!
3部:動画/静止画/音楽などコンテンツの楽しみ方
(おまけ:複数台PC環境下でのLightroomの使用法)

という3部+α構成にて次回よりお届けしたいと思います。
なお、当方ネットワークプロフェッショナルでもなんでもないため、もっとベターな方法や間違いがあるかもしれないので、その場合はどしどしとご意見ください!

というわけで、これ以上書くと長くなっちゃうので今日は
「つづく」
ということで!明日より連載開始です!
あと、カメラもこれでようやく復活できそうだ〜。うれしい!
[PR]
by bun-b0721 | 2013-01-23 17:02 | Mac

異次元の世界

d0282218_1350057.jpg

今日の一枚:余裕のある奴
K-5iis+FA31mmLtd

ここのところのフルサイズブームを尻目に、最近ブログ仲間の間では中判の67 aka.バケペンの話題で持ち切りです。
僕自身も初めて知ったくちです。
しかしこの中判の世界を知れば知るほど中判というものが最近のフルサイズブームとAPS-Cと違い、全く異次元の世界に君臨しているんだなぁと思うようになりました。
同時にPentaxが67を始めに645などのいわゆる中判レンジのカメラ造りをずっと行ってきていた歴史の深さを思い伺う事もできました。
本当にPentaxってカメラ好きの人たちのメーカーなんだなと思いより一層好きになっちゃったかな。

ところで本日の窓はマミヤのカメラボディ部分の写真です。
正直、この世界、全く未知数で全然語れません!(きっぱり)
運良く自分が住んでる部屋の隣がカメラスタジオでそのカメラマンさんとは親しくさせてもらってます。今日、久しぶりにお邪魔してカメラ談義に花を咲かせました。
その中で最近知った「バケペン」をいかにも昔から知ってたような口調で話してると、
「おもしろいのあるよ〜」ってみせてくれたのがマミヤのカメラボディでした。
そういえばこれ、前にも見た事あるなぁ。でもずっと昔のカメラだな、僕には遠い存在。。。
ってスルーしてました。しかしこれもバケペンと同じ中判カメラ。
このボディにデジタルバックなる別途センサー部分をドッキングさせて使うそうです。
つい最近も(67にデジタルは存在しないのだろうか。。。)と思っていたのですがこういう世界があるんですね。ただ、ボディ+デジタルバッグ+レンズはもうむちゃむちゃ高くて日本車の普通車がかえるくらいの値段になるので遠い存在です。
しかしちょっと話のネタにと思い写真を撮らせてもらいました。

相も変わらずフルサイズには興味津々ですが中判の存在を知ってしまうとフルサイズvsAPS-Cの争いがいかに僅差の争いなのか、そして『メーカーの策略』にまんまとのせられちゃっているな!と感じます。ペンタクッスもいずれはフルサイズを出すのでしょう。ただ、中判という上の存在を知ってしまった今、どことなく僕自身に余裕ができてしまいました〜。
ということで、これからもK-5iisでガンガン良いの撮るぞー!

最近いいなぁーって思う曲を。
Gnrls Barkley - Crazy

[PR]
by bun-b0721 | 2013-01-10 14:05 | カメラ

締めくくり

d0282218_17312532.jpg

今日の一枚:銘玉
K-5iis+FA31mmltd

今年は色々な銘玉に出会いましたので窓の写真はこちらで決定!

本年最後の投稿となります。
まずは今年5月末に初めてK-7を手に入れ本格的なカメラライフが始まりました。

元々アンティークなものが好きなせいで

*オールドレンズ
*ツアィス
などの響きがただ単に好きでペンタックスでいこうと思ったのが始まりです。

考えるとその時は

*ノスタルジックな写真
*モノクロのもの悲しい写真
が撮りたいと思ってました。

最初は中古のK-7そしてヤフオクで2000円で手に入れたFA28-70mmF4を手に何をとって良いのかもわからず闇雲でした。上述とおりすごい抽象的なところからスタートしたんだなと今考えると笑けちゃいます。
それからしばらくは完全我流で突き進んでましたが価格コムスレのおかげて色々な方と知り合う機会がふえ、気付くとK-5iisという素晴らしいAPS-C機を手に入れ、ちょっと逆戻りしますが8月には銘玉のFA31mmltdも手に入れました。また10月の終わりにはブログも始めてより具体的に自分の写真に対する姿勢が定まってきているような感じがします。

*ワンコの動体撮影

これが目下の課題。その為にキャノンのマウントを追加。7Dという銘記とEF70-200F4という素晴らしいレンズも手に入れいよいよカメラに本格的にのめり込んでしまいます。

元来熱しやすく飽きやすい性格です。これまでにも本当に色々な趣味をかじってきましたがどれも長く続いてません。でもカメラは久しぶりに長くつきあえる趣味となりそうな予感がします。

明日よりはじまる2013年は

*ワンコの動体撮影
*風景

を中心に写真を楽しみたいです。風景はホント最近であったアメリカ人フォトグラファーの写真に感化されたんですが、全ては他の人との関わりの中で感化され、教えられ、その中で自分の方向性が決まっていくんだなと思います。

本ブログで出会い日々を共有しております皆様、まだ二月弱という短い期間でしたがありがとうございました。
そして来年はもっと感化を受け、そしてたまには僕の方からも感化するものを差し上げ、写真ライフを楽しんでいきたいと思っております。
もっともっと写真がうまくなりたい!

それでは良いお年をお迎えください!
[PR]
by bun-b0721 | 2012-12-31 17:42 | カメラ

2012/12/21地球滅亡

d0282218_15571678.jpg

今日の一枚:夜明け
K-5Ⅱs+FA31mmLtd

最近マヤカレンダーによる地球滅亡説がよくテレビで話題になっています。
かつて高度な知識を有していたマヤ文明にあるマヤカレンダーが2012/12/21で終わっている、というあれです。
実際に中国ではこれを利用した宗教団体に煽動され小学校に男が乱入し怪我を負わせる、など実被害まで起きているそうです。
日本ではどことなしに笑って過ごされている節があります。
おそらく1999年に何もなかったのでまた同じだろう。。くらいですね。

ところで先日テレビの番組で2012/12/21マヤの予言が特集されてたのでみたのですが、これに関しては2010年、アメリカのマヤ文明研究者により新発見があったようです。
既に新しい遺跡が見つかり、そのみつかった別室には2012/12/21以降のカレンダーがちゃんとあったそうです。それはどうやらあと5000年後の分まで続いてたようです。
ありがたやーありがたやー。(笑)
[PR]
by bun-b0721 | 2012-12-18 16:07

わざとらしくならないように

d0282218_1371574.jpg

今日の一枚:光と影
K-5Ⅱs+FA-31mm ltd

今回は寒い中夜の撮影です。場所は六義園。この時期はライトアップナイター開園をしている公園が多いですね。ここの六義園も今週末までということでしたので昨日行ってきました。

カメラマンが沢山でした。三脚片手に本格的に撮影している人、今話題のミラーレスで撮る人、APS-Cを首から下げてるカメラ女子、手軽に携帯で写メってる人。。。
ほんと、カメラ人口も撮るスタイルも様々になったなぁと思います。

一昨年、自分は当時持っていたGR2に三脚を持って同じ次期庭園に撮影行ったことがありました。
そのとき、夜景撮影など慣れていなくマゴマゴしながらあーでもないこーでもない、って思いながら撮影してたのを思い出します。ただ、家に帰ってPCでみると瞬間的にはお!と思うもすぐに飽きちゃったのも思い出します。やっぱり写真って構図と切り取りがすごく大切なんだと思います。
d0282218_12584684.jpg

今回もご多分に漏れずぱっと見風景も沢山撮りました。ただ、やっぱり変化が無い、なんか面白くない絵にしかなりません。なんか自分では納得いかない。
d0282218_1259123.jpg

こちらの方は思いっきり遊んじゃいました。

最近、色々な方の写真を見てて思うのは一部分の切り取りが上手な写真はインパクトがあるということです。そして光と影のバランスを上手く捉えている写真に僕は見とれる傾向にあります。(それでブログタイトルも決まったのですが)
今回はそれを意識して撮りました。それが今日の一枚です。ただ、記事タイトル通りこういう撮り方って非常にわざとらしくなります。。。僕はいつも撮影して現像した後、妻に写真を見せます。そして感想を聞くようにしてます。理由は僕がやり過ぎちゃう傾向にある、逆に妻は写真が趣味でも何でも無いのでパッと見の意見をくれる、いわば大衆の目の代弁とでもいいましょうか。ちょうどいいくらいに中和させてくれるのです。ちなみに空が青い写真を見せると「えーーー」って批判くらいました。勉強になります、奥さん。

そして今回は見てくれる皆さんにも意見を聞こうと思いまして。
下記の2枚だとどちらが好きですか?率直な意見を下さい〜。
d0282218_12492371.jpg

d0282218_1365958.jpg

ちなみにこれは松の木の防寒対策です。職人さんの粋を感じまして非常に気に入った被写体でした。誰も撮ってないのに僕一人だけがそこで色々な態勢で撮っててちょっと滑稽でした。
[PR]
by bun-b0721 | 2012-12-07 13:13 | カメラ

第一回早朝撮影敢行!

d0282218_21132983.jpg

今日の一枚:東京の朝焼けもいいね
K-5Ⅱs+FA31mm ltd

先日、親戚の結婚式でバリ島に行ってきました。
泊まってたホテルは日の出が奇麗で有名な場所にあった為ちょっと早起きをして日の出を撮影しました。すごく幻想的でなによりも写欲をわかせてくれる体験でした。(ブログヘッドの画像もその時のものです)

もう一度あの体験をしたく本日明朝、日も昇らぬうち寒い中原付に乗って第一回早朝撮影を敢行して参りました!
今回撮影の場所に選んだのは皇居。皇居のお堀端から太陽が昇るのをイメージして向かいました。
現地に到着する前、もっと良さそうな場所があったのでそこで撮影したのが今日の一枚です。
かつて江戸城があったお堀に皇居の緑とその向こうのビル群が映し出されなかなか幻想的なムードを漂わせていました。あまりにも奇麗な空のカラーに魅了され寒さも忘れカシャカシャ。
外人さんが毎朝の日課にしているであろうコースを颯爽とランニングする姿もまた優雅な朝の時間。

その後半蔵門の恒例の日の出ポイントへ向かったのですがこちらは、、、どうも期待はずれでした。

いつでもそうですがガイドブックに載るような場所より、自分の感性が導いた場所で撮影した方が気持ちものりいい写真が撮れる気がします。
[PR]
by bun-b0721 | 2012-12-05 10:09 | カメラ

銀杏の絨毯

d0282218_1685778.jpg

今日の一枚:明るい未来

子供は無邪気だ。無邪気ながらに粋な事をいきなりしでかす。

今日の撮影中、地面に降り積もる銀杏の葉を両手一杯にすくっては投げすくっては投げをやっている女の子に出くわした。これはシャッターチャンスだと思いカメラを向けパチパチ。女の子も撮られている事に気づき余計にオーバーアクションでまたすくっては投げを開始。アイコンタクトでスマイルをなげかけしばらく続けているとお父さんと見受けられる人が微笑みながらその様子を見ている。
「あまりにも可愛かったんで沢山撮らせてもらいました。」
お父さんに撮った画像を見せるとすごく喜んでくれた。子供達も寄ってきたので見せると更にテンションがあがり、弟までが同じ事を始める始末。気付くと撮影会になっていた。
「メールアドレス教えて頂ければ写真送ります」
と申し出ると名刺をくれた。ベトナムの方だった。。。
なんだろう。外国人の人ってこういう事に対してオープンというか、、、
これが日本人だったらどうなってたのかな。まあ、自分の場合、とりあえずチャレンジ、もしタブー!って言われれば謝ってやめるスタイルで撮影に臨んでいるから。
とにかく、家に戻りその画像をトリミングして、見やすいようにしてメールした。
ちょっと、微笑ましいコミュニケーションができて楽しい撮影だった。
その画像をアップしたいが勝手に載せる訳にはいけないため、別の微笑ましい写真をアップする事にした。
[PR]
by bun-b0721 | 2012-12-02 20:08 | カメラ

構図のお勉強

今日は撮影に行けなかった。
そこで読んだ本について印象に残ったフレーズを覚え書きメモで。

構図のうんちくを語る際、「ぐっと被写体に寄れ!」としばしば聞きます。
それはそれとして、更に一歩前進のキーワードに出会いました。

「もっと写真の周囲を見てみたいと思わせれば成功だ」

なるほど〜。初心者の場合、被写体は全て映そうとします。
例えば体半分をぶった切ったフレーミングなんてもってのほか!
と思ってました。
しかし、何かの批評でプロの人が「あえて体半分の部分でフレーミングした方が余韻があっていいですね〜」とコメント。そのときは意味不明でした。
その時に「もっと写真の周囲を見てみたいと思わせれば成功だ」
に出会いました。なるほど〜。点と点がつながり線になった、瞬間でした。

限られたキャンバスに自分の世界を盛り込む。そこにはキャンバスの外をも想像させる写真が見るものの想像力をかき立てるんだな。なるほど〜。奥が深いね〜。
d0282218_1614692.jpg

というわけで自分のこれまで撮った写真の中から一枚、トリミングして実践してみました。
どうでしょうか!?
[PR]
by bun-b0721 | 2012-11-30 21:59 | カメラ