趣味である写真について綴るブログ、時々犬も。


by bun-b0721

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ハーフ摩天楼
at 2014-01-18 17:23
でた・オールドレンズマジック
at 2014-01-18 13:21
新橋地下
at 2014-01-17 15:02
都会の廃墟
at 2014-01-15 14:42
リブート
at 2014-01-14 14:31

以前の記事

2014年 01月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

検索

カテゴリ

全体
カメラ
ワンコ
時事
Mac
未分類

タグ

(18)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

フォロー中のブログ

Capture The ...
slow life-annex
Black Face S...
気ままに・・・
マフィンにサブレ♪   
身の回りの風景
The Moment O...
photo room #41

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧


アクセスカウンター

カテゴリ:カメラ( 31 )

でた・オールドレンズマジック

d0282218_13202915.jpg


きましたね〜。
こういう絵がデフォルトの撮影で吐き出されます。
なんとうっとり・・・
これがあるからオールドレンズはやめられない。
ただし、毎回こういう風にはならないんです。
ま、そこがいいのでしょうか!
[PR]
by bun-b0721 | 2014-01-18 13:21 | カメラ

リブート

昨年、休止宣言したものの、その後のブログ活動そのものが停止してしまいました。
やはり撮り続けていく上でアウトプットも必要だと思い肩肘張らずに再開しようと思います。

現在の愛機は主に6D。
そこにレンズはNikonのNikkor Ai 50mm F1.4をマウントアダプター経由で使用しています。

ちょっと線が太くともノスタルジックな絵が元々好きなボクには相性がぴったり。

d0282218_14295769.jpg

d0282218_14302423.jpg

d0282218_14302079.jpg


昼休みに会社近くで撮影。
こんな感じでイージーにブログを再開しようと思います。
[PR]
by bun-b0721 | 2014-01-14 14:31 | カメラ

耳納連山・三連水車・車 in 福岡

先日、お盆のために実家へ帰省しました。
その際、福岡市内から車で1時間弱の原鶴温泉に行きました。

d0282218_1601041.jpg

のどかですな〜。
こういう風景は福岡といえども郊外にしかありません。
ここは福岡県朝倉市。
うしろに連なる山地が耳納連山といいこの山地を境に北が朝倉市、南が久留米市となります。
また福岡県人なら知らぬものはいないだろう筑後川もこの山地に沿うような形でうねうねと続いております。
昔は何度も何度もみたこのある風景です。
しかしカメラを携えてじっくりと正対するとまるでこれまでのものとは違うものに見えてきます。
すごく立派で重厚感があり、かつ柔らかな雰囲気を醸し出しております。

今年の福岡はものすごく暑い。
先日行った埼玉の武蔵丘陵森林公園(熊谷市の近く)を思い出しました。
とにかくあつい。
車を止めて外に出て撮影開始。
ものの5分もしないうちに汗が噴き出してきました。

d0282218_1692440.jpg

これが有名な三連水車。銅製です。
最近はよく皆さんの虎刈りの光景をみており、ボクも無性に「鉄製の何か」
に飢えておりましたので格好の被写体。

d0282218_1611611.jpg

この水車は1789年に造られたそうです。
江戸時代ですよね・・・当時から銅製なのかはわかりませんが・・・
この辺は他にも水車が多く、かつてより干ばつ・飢饉から村人たちを守ってきました。

d0282218_16145886.jpg

耳納連山を背景に働き続けるその様は何百年も変わらないのでしょうね。
今はモーターで展示のためにデモンストレーションとして動いている水車ですが
当時は筑後川の水流を利用して村人たちを支えてきた。
非常に力強さを感じます。

d0282218_16164618.jpg

色々な角度からみるとどんどん見栄えがかわってきます。
自然の中に佇む様は上の写真のような力強さとは違い、優しさやのどかさ、そして一体感を感じます。

d0282218_16202762.jpg

そしてこちらは親父の車。
うちの親父はかなりの車好きでありまして今回帰省するとこのホンダNSXに変わってました。
しかも今時ミッション車です。
車の写真も非常に奥が深いものです。
ボディのフォルム、それが受ける光の加減、パースの付け方、1台の車がアングルによりどんどん変化する。

d0282218_16242182.jpg

この日は特に天気がよく夏特有の入道雲とフロントボディフォルムのなだらかなカーブがなんとも言えません。

d0282218_162446100.jpg

ちょっと狙い過ぎかな。
「NSX」のロゴにフォーカスを当て思いっきりの切り取り。
しかしこれじゃなんの車かわからないです。ちょっとやりすぎた・・・

あー、車撮影楽しかったなぁ〜。
ワンコの撮影も楽しいけど車も生き物のようですね。
それに広大な耳納連山もなかなか普段の生活では目にすることができないので新鮮でした。
やはり福岡はいいな。こんな雄大な自然が市内からわずか1時間足らずで味わえるなんて・・・

以上福岡レポートでした〜。

6D+24-105f4L
[PR]
by bun-b0721 | 2013-08-24 16:30 | カメラ

孤独のグルメーわさび丼

孤独のグルメって番組しってます?

8月頭ですが、一足早い夏休みで伊豆旅行に行ったので
河津町のわさび丼を食べてきました。

ちょっと懐かしい代物。テレビでもこれがフォーカスされた。
d0282218_16491449.jpg


鮎の塩焼き。いつもは海の魚ばかりなのでおいしかった。
d0282218_16492516.jpg


このわさびをたっぷりのせます。
d0282218_16492222.jpg


んでこれがわさび丼。
d0282218_16492962.jpg


確かに新鮮な味です。
テレビでは主人公があまりのうまさにおかわりしてましたが
そこまでのインパクトはなかったかな・・・
ただ、シンプルにも関わらず奥の深い味であるのは間違いない。

実はこの周辺は七つの滝で有名な場所らしいのです。
知らなかったのですがせっかくだから一カ所だけいきました。
d0282218_1649426.jpg

普段こういうの撮ってないから無理してるなー。
なんかオリジナリティがなくてつまんないです。

それよりもこういう方が僕にとっては身近で写欲をわかせます。
d0282218_16493975.jpg


なかなか楽しい場所でした。
しかしテレビ効果でかお盆はすごい事になってるらしいです。
しばらくほとぼりがさめるまでは行かぬが幸いでしょう。
伊豆はちょくちょく行くので次回はもう少し時間を取って滝回りするのも
面白いかもなぁ〜。

6D+EF24-105Lf4
[PR]
by bun-b0721 | 2013-08-15 16:56 | カメラ

朝のブラリ

ワンコの散歩にデジイチお供させました〜。

d0282218_10595846.jpg

ボケは悪くないっすね。

d0282218_110027.jpg

解像度はさすが最新レンズ。

d0282218_10593233.jpg

開放で寄ると結構ボケは満足!

d0282218_10595091.jpg

いいんでないかい?

d0282218_10595450.jpg

ひょっこりひょうたん島。

6D+EF40mmF2.8STM

この組み合わせ最強だわ・・・
コンパクトブラザーズですね。
今後もいかんなくフルサイズの力を発揮してもらいましょう!
[PR]
by bun-b0721 | 2013-08-14 11:04 | カメラ

サイコパス

Canon6D + EF24-105 F4L
d0282218_17483742.jpg


久々のアップです。
これは先日いった東京都葛飾区にある水元公園での一枚です。
普段ビルに囲まれた場所で生活する自分にとって
かつていった沖縄のサトウキビ畑を彷彿させる景色でした。
ん〜、行く先にある森がなければパーフェクトだったのだが・・・

最近仕事が忙しく、なかなかブログに向き合えませんでした。
というか、撮影をしてなかったのですが。
しかし、それを打開すべく新しいレンズの購入を考えております。
ずばりEF40mm F2.8STM 通称パンケーキレンズですね。
130gの超軽量レンズ。
考えると、以前がPentax K-7, K-5iis + FA31という軽装装備だったのに対し、
今は6D+EF24-105L。
6Dは素晴らしくコンパクトですが、なんだかんだいってもレンズだけで670gなので
重くて重くて。
加えて犬撮影専用にと機動力を高めるべくb-gripSpider Holsterでの持ち運びにするとこれが逆にめんどくさくなってしまってました。

そこで色々と考えて至った結果がパンケーキレンズ+6Dは普通のストラップに戻す〜です。
パンケーキレンズはあさってあたりに買いにいこうと思ってます。
またちょくちょく更新しようと思ってます!
[PR]
by bun-b0721 | 2013-08-10 18:04 | カメラ

ノスタルジア

d0282218_15293011.jpg

今日の一枚:ノスタルジア
Revueflex + Auto revuenon 50mm f1.8
ケントメアパン400
自家現像
GT-X770


先日M42マウントのカメラとレンズを購入しました。
ブツは次回にでも紹介しようと思います。

eBayでドイツからの購入ですがえらく安かった。。。
輸送に2週間ほどかかりましたが送料も1000円前後と随分安くなったものです。

このカメラとレンズ、ブランドはドイツブランドですが中身はチノン製らしく
Made in Japanです。
プラボディにブラックペイント、なんかおもちゃみたい。
でも軽量なので気軽に持ち出せそうです。
初めてのM42という事であまり高くはないが、そこそこ程度が良さそうなものという判断で
選びましたが確かに奇麗であまり使用感もありません。
フィルムカメラ全然詳しくありませんがちゃんと使えてます。
露出計も動作しております。

だだ、ファインダーがみにくい。。。
New FM2と比べるのがいけないんでしょうね、きっと。

d0282218_15275055.jpg


ピントの山が本当につかみにくい。
これまでにNew FM2でも4本ほど撮影してきましたがピントの歩留まりは半分以下かな。
しかし、これはこれで出来上がった写真を見ると案外ありなのかなとも思います。
デジタルでは意図してもこういピンボケ、なかなか作れないと思います。

ただし、光量十分でf4くらいで撮ったときは被写界深度もそこそこのためになかなか面白い
雰囲気を醸し出してくれます。
d0282218_15201959.jpg

New FM2とはまたちょっと違った味わいです。
なんといいましょうか。褪せた感じというのでしょうか。
そこには粒子がすごく似合うし、あえて埃も取り除かず味として君臨してくれます。
ロモグラフィーっぽいっていうのかな?!
すごく哀愁を漂わせてくれる空気感を演出してくれる。。。

でもピントが決まったときの描写力は目が覚めるくらいにぱりっとしているのですよね。
d0282218_15341549.jpg

俗にいう、これがM42マジックなのでしょうか。
はたまた経年劣化マジックなのか。
よくわかりませんが、NewFM2とは方向性が違うカメラである事は間違いないようです。

そつなくフィルムの雰囲気できっちりと写真に収めたい時はNew FM2を、
遊び心満載な写真を撮りたい時はRevueflexを、
っていう使い分けができそうです。

ちなみにScan方法ですが、
カラーネガフィルムの48bit、2400dpiにて取り込みます。
その際にアンシャープマスクはチェック入れるとして、「退色復元」をかけるかかけないかで
全然色味がかわるのですね。
復元しなければカラーネガフィルムにしているせいか、褪せた感じの色がのります。
これが結構好きになりました。恐らく、今回はワンコ写真以外は退色復元かけてません。
両方で取り込み、好きな方を選ぶようにしてます。
あえて、LRには読み込まずにスキャン段階で現像を終了しちゃってます。
ま、自分で現像するのでそれ以上は手間をかけたくないというか、、、
ここから先は自分で焼き付けたいので。
来月あたりには焼き付け挑戦しようと思います。
恐らく、Scanしているものは既にデジタル変換しているので本当のネガの色とも違っていると思います。
一体焼き付けでどういう色が出てくるのかが非常に楽しみです。


Today's Recipe:
*フィルム#4:ケントメアパン400

予備水洗:
フジQW溶解液100倍希釈  400ml 1分

現像:
d76 1:1希釈  400ml 14分
最初1分はずっと攪拌
その後、各分50秒から00秒まで攪拌→廃棄

停止:
ダイソークエン酸 5gを水500mlで溶かす 30秒
軽く攪拌→廃棄

定着:
コダックコダフィックスソリューション100ml:水300ml 10分 
最初の1分のみ攪拌。あとは放置。
再利用4回目。

予備水洗:
流水 30秒

QW浴:
1分 ー攪拌
→再利用のために廃棄せず。1回目。

本水洗:
流水 5分

ドライウェル浴:
30秒ー軽く攪拌→廃棄
[PR]
by bun-b0721 | 2013-06-13 15:49 | カメラ

石畳!

d0282218_2115078.jpg

リクエストの石畳
GRD2

皐月の樹さんよりリクエストがありまして、探してみました。
以前京都にひと月滞在した時に撮った写真です。
恐らく妙心寺だったかと。。。
この頃はGRD2でjpgでWBもわからずにとってました。
RAWなんてもってのほか。
懐かしいです。
あれから既に4年の歳月が流れています。

もう一枚はこの時に撮れたお気に入りの一枚です。
亀岡にある宝泉寺というお寺です。
d0282218_2115529.jpg


極めつけはこちらです。誰だこれは!?(笑)
d0282218_21234295.jpg



GRD2結構いい写りしてますね〜。
最近Pentaxリコーから出たAPS-Cはすごいんだろうな〜。
思えば、この時なんでボケが出ないんだ、このカメラは!って思ってました。
懐かしいです。
[PR]
by bun-b0721 | 2013-06-04 21:19 | カメラ

Zoo Shoot!

d0282218_16123399.jpg

今日の一枚:極鮮
Canon 6D

最近フィルムばかりになってたので久々にデジ一を持ち出し上野動物園へと行ってきました。
我が家から比較的近くに位置するこの動物園、年間パスポートを持っております。

この動物園、大きく分けて西園と東園二つにわかれております。
今回はより人の少ない西園をシュートです。

ここのいいところは人が少ないところ。
最近パンダがまた妊娠したので東園はごった返してます。
僕はごった返しにはできるだけ触れません。
だからまた落ち着いたらいこうと思います。
また、パンダだけでなく、虎、ライオン、ホッキョクグマなどの人気者はすべて東です。
よって僕にとっては西がメインなのです。

西の横綱はキリン君。
しかし、今回は幼稚園児がキリン君と楽しみシャッターチャンスがありませんでした。

西の大関はペンギン君s。
しかし、ペンギン君達、日差しの暑さに参ってみな日陰に退散。そりゃそうだ。。。

と、いうところにいました。極彩色を放つ輩が。
今日の窓のターキーさんです。
こいつ、ダークホース。ものすごい絵になる。
しかもじっとしてる。しかも近距離でふれあえる。
しかし!レンズに威嚇攻撃してきます。やはり勢いがあるのは色だけにあらず。


d0282218_16185589.jpg

次にかわいいモルモット君。いや、ちゃんとした名称ありますがわすれちゃいました。
暗がりにいるんですが、そこは6D。完璧な仕事人です。


d0282218_16203518.jpg

そして同じ暗がりで孤高のポージングだったのがミーアキャット。
このミーア君、暗がりにいる習性があるものの、太陽の光の真下に陣を構え
光を独り占め。まるでモーゼのよう。
迫力がありました。


僕はいつのまにかワンコ仕様のカメラセットが増えてます。
だから動物達は相性が良いようです。
これからもちょくちょくアップしていきます。
[PR]
by bun-b0721 | 2013-06-04 16:22 | カメラ

第1回自家現像

d0282218_2105652.jpg

今の時代をフィルムで
Nikon New FM2+ Nikkor 50mm F1.4
フジネオパンプレスト400
自家現像
Scaned by GT-X770


ついにこの日を迎える事が出来ました。
以前、一時的オールド回帰現象という記事を書いたのは約半年前。
あれから色々とあったけれども、まさか自家現像をするとは思いもよりませんでした。
ネットでググり、本を読み、今回も浅知恵でやりました。
しかしちゃんと像が浮かんでくれてた時はすごい感動。
道具を揃えるのは結構大変でした。なにをかって良いのかわからない。
どれを買っていいのかわからない。沢山種類がある。
とまあ、紆余曲折でしたがようやく、本日形にする事が出来ました。

さて、現像に必要な道具については、またいずれの日にか記事に残したいと思います。
今回からは現像の時間等、を記録していきたいと思います。


それでは本日のレシピ&メモ:

フィルム:フジネオパンプレスト400

予備水洗
フジQW溶解液10倍希釈  400ml 1分

現像:
d76 1:1希釈  400ml 9.5分
最初1分はずっと攪拌
その後、各分50秒から00秒まで攪拌
→廃棄

停止:
ダイソークエン酸 5gを水500mlで溶かす 30秒
軽く攪拌
→廃棄

定着:
コダックコダフィックスソリューション100ml:水300ml 9分 
最初の1分のみ攪拌。
あとは放置。

予備水洗:
流水 30秒

QW浴:
1分 ー攪拌

本水洗:
流水 5分

ドライウェル浴:
30秒ー軽く攪拌

*タンクリール装填時の練習をもっとすべきだった
*フィルムを吊るすおもりはある程度重い方が良い(専用のものを使った方が良い)

初めての割には、結構うまくいったかな。
別に現像ムラなどはありませんでした。
ただ、水はけが一部悪く、それは乾燥時につけたおもりクリップを100均のしょぼいものを使ったのが仇となりました。次回はちゃんとしたのを使おうと思います。

最初は基本の所作を身につけたいです。
これからしばらくは本とメモをみながらの現像になると思います。
ある程度なれるまでは余計な事はせずに基本に徹しようと思います。
そして現像が一段落したらネガを持って焼き付けいくぞ〜!

ってなわけで今日の作例をアップします。

フィルムで思わず撮りたくなる被写体二連発
d0282218_21312576.jpg

d0282218_21312037.jpg


うちのワンコ。お目目がはっきりくっきり
d0282218_21322491.jpg

これなんか特にびっくりです。
いつも潰れてた目がはっきりでてます。

僕は東京に住んでるのでなかなか自然の風景が近場にありません。
よってスナップが中心となるのですがデジタルの時はどうも大きいし、持ち運ぶのも億劫でした。
しかしフィルム機は小さいし仰々しくないのでさっと襷掛けして持ち出せます。
加えて、東京の下町はまだまだ日本的な場所が残ってます。
そういうところは是非ともフィルムで撮影したいです。

自分の用途では、ワンコ撮りは6D&7Dにズームレンズで、街でのスナップはNewFM2&50mm f1.4で。
あと、夜の撮影やちょっと遠出での撮影では6Dで、というふうに使い分けていこうと思います。
多分気分によってかわるとは思いますが。。。
[PR]
by bun-b0721 | 2013-05-23 21:40 | カメラ